本文へスキップ

ミュージックイベント ROMANTIC TECHNOLOGY

201-05-08ロマテク17







 -LIVE-


inko

ボーカリスト、シンセサイザー奏者。
スーパークリーム、HMBG、天誅といったエレクトロミュージック・ユニットに参加する傍ら、Sigh Societyらテクノ界のレジェンドを含む多種多様なアーティストたちともコラボレーションを行う。
2019.9.8に自身の1stミニアルバム"GIRLFRIEND "をリリース予定。




AE35

東京で活動する Electro DJ/トラックメイカー。

2000年よりTokyo Electro Beat Parkで活動後、2014年に新たなるレーベル“Anti Gravity Device“を立ち上げる。

2014年9月にアルバム"I Know Your Future"を発表し、iTunesダンスアルバムチャートのtop20にランクイン。

エレクトロ系レーベルのコンピレーションへの参加やSigh Society 「Swell AE35 Remix」といった多くのリミックスも手がけている。

2016年12月にリリースのPC-8のシングル"Robocop (feat. AE35)"にボコーダーで参加サポートメンバーとしてPC-8のライブにも参加している。
2018年に5月にリリースしたPOiSON GiRL FRiENDのアルバム"das Gift"にはコラボレーションで参加した"Peek-a-boo"が収録された。

国内外のイベント、パーティーやライブストリーミングサイトDOMMUNE等でライブを行い好評を得ている。

Anti Gravity Device




Jaermulk Manhattan

1993年にEFECTAHEADのメンバーとして、とれまレコードのコンピレーションアルバム"とれまクラシックス"に参加
その後いくつかのユニットでの活動をへてJaermulk Manhattan(ヤーマルク・マンハッタン)名義でのソロ活動を開始。

Jaermulk Manhattan名義での変拍子のテクノサウンドはオリジナルティがありハイクオリティなサウンドで、5枚のアルバムをリリースしライブ活動も行っている。
2017年10月にはニューアルバム シンナーををリリース。

またDieとのユニットアシッド田宮三四郎でも活動している。

今回リリースのinko"GIRLFRIEND"には"INKO SAN NO IE NO NEKO"で参加している。



CrazyRomantic

埼玉在住のワダマサオのソロテクノユニット。

90年代テクノをはじめとして多くのジャンルの音楽の影響を受けエレクトロニックミュージックを制作。

2013年よりライブ活動を開始し東京、埼玉のライブハウス、クラブ等でライブ活動中。

2017年11月にはファーストアルバム"Time to Change"をリリース。
2018年11月にはミニアルバム"Emotions in Digital Network"をリリース。

また、ミュージックイベントROMANTIC TECHNOLOGY通称ロマテクとレーベルROMANTIC TECHNOLOGY RECORDS、RT TRAXを2013年より主宰。

Fantas-Tech RecordsのASTROIDとのユニットThe Roman-Tech Brothersや、kamaida、鈴木孫一(Big Fire)、三味線熊(天誅)とのユニットRomaidaでも活動中。

CrazyRomantic Offical HP


-VJ-


PORTASOUNDS

様々なイベント、アーティストの映像演出、ミュージックビデオやデジタルコンテンツの制作などを手掛けている。
2003年からPIXDISC.comで映像素材集を販売、日本内外のクラブや大型イベント、ライブ、テレビ番組などで使用されている。
VJとしてはテクノ等のエレクトロニックミュージックイベントをはじめ多くのジャンルのイベントを映像で盛り上げている


”ロマテク ツイッター”では
最新情報をお知らせしています。
ぜひフォローお願いいたします。

@Roma-Tech3