本文へスキップ

ミュージックイベント ROMANTIC TECHNOLOGY

201-05-08ロマテク17







 -LIVE-



アシッド田宮三四郎

2013年に結成されたDie(DieTRAX、HONDALADY等でも活動中)とJaermulk Manhattanによるアシッドハウス/テクノユニット。
サポートメンバーとしてKiz(邂逅の日)とMOCTARも参加。

PCを使用しないハードウェア機材同期でリアルタイムエディット、ミックスしたライブを多くのイベント、パーティでライブを披露し DOMMUNEにも出演。

2018年にはそれまでの9枚のアルバムからの作品を再構築した楽曲を中心に収録され、OMODAKA(寺田創一)も参加したアルバム"ACID ACID"をリリースし悪死怒組ツアーを開催。




FQTQ

エフキューティーキュー。

ポップでキャッチーでファンキーな思わず体が反応してしまう独特のグルーヴは聴いた者を虜にするピコピコマジック。

2001年よりソロ・アーティストFQTQ名義での活動を開始。

TechnoやHouse、Electroといったクラブミュージックをベースに構築されたファンキーなトラックと、アナログシンセを駆使したライブパフォーマンスで注目を集める。
これまでにフルアルバム4枚をリリース。ジャケットイラストを漫画家の押切蓮介、清野とおる、小田扉などが担当し、サブカルチャー方面で反響を呼ぶ。

2005年にリリースした2ndアルバム”CRAZYPOPS”はインディーズの週間テクノ/ハウスチャート1位を記録(アクアディウム調べ-2005年5月2日~5月8日)。同名のイベント”CRAZYPOPS”を立ち上げる。2007年にリリースした3rdアルバム"FUNKY WEAPON"はDE DE MOUSEのREMIXも収録され話題となった。

2008年にビクターエンターテインメント×myspace主催のプロデューサーオーディションに入賞、80_pan(ビクターエンタテインメント)のプロデュースを手がける。その後、多数のシンガー、アイドルなど楽曲提供を行う。
2015年にはUSJのワンピース・プレミアショーで楽曲が使用され高い評価を受けた。

2018年にはサウンド&レコーディング・マガジンに4ヵ月にわたり”FQTQが使うFLstuidio”を連載。
東京ビッグサイトで開催された2018楽器フェアにて、FLstudio20のデモンストレーションを行う等多岐にわたる活動を行っている。

2018年にはゲストボーカルに深月ももえ、サックスにKuske (KPLECRAFT) が参加しレイブマンとIslandhouse (山本真平)のリミックスも収録された最新作"GOODBYE COMPUTER"をリリースした。

2019年春にニューアルバムのリリースも予定されている。

とにかくわかりやすい楽しさに溢れたゴキゲンなミュージックを発信中!!

FQTQ.space




BigFire
東京都内のライブハウスを中心に活動中のロックバンド。

'80のビンテージ機材を駆使したリズムトラックとエフェクトを多用した生演奏によるライブステージを展開しながら、現在、エレクトロニック・ミュージックの未来を開拓中。

2010年末、1st EP『Deathcotheque EP』発売。楽曲のリミキサーには日本でもお馴染みのジャーマン・テクノ界最重要人物、BEROSHIMA a.k.a FRANK MULLER、ジャケットイラストに恐竜マンガの金字塔『恐竜大紀行』(週刊少年ジャンプ連載)で知られる岸大武郎を迎えた豪華盤となり、発売間もない2011年正月には、当のBEROSHIMA本人を迎え、リリースパーティ『ビューティフル・ナイト』を開催、好評を博す。

限定12インチ・レコードはUKの「junorecords」や海外向け通販サイト「Jet Set」などで瞬く間に完売、日本国内のみならず、海外のリスナーの関心を集めた。2013年にはシカゴよりRobert Armani、ドイツよりHawkinson並びに引き続きBeroshimaをリミキサーに迎え、2nd EP『宇宙大元帥(英題:General of the Universe)』を発表。初回限定クリア・ヴァイナルは好評のうちに完売となった。2015年、篠笛奏者の新保有生をゲストに、さらにD.J.Internationalの看板アーティストJoe Smooth、Transmat出身のK Alexi、Dance Mania名物Houz'Mon、そしてCajual / ReliefやPeacefrogにもアルバムを残すPaul Johnsonと、いずれもシカゴ・ハウスを代表するレーベルでも活動する一線級のアーティストをリミキサーに迎え、3rd EP『Etoile』をリリース。

日本のシカゴ・マスターことChester Beattyもエンジニアで参加した豪華版となった。2016年には4th EPとなる『宇宙大元帥Ⅳ』を発表。同年9月に死去したDJ Spank Spank(Phuture)の遺作となり、PhutureメンバーLothario Leeとの最後の仕事ともなったリミックスに加え、"キング"オブ・ヒップ・ハウスことFast Eddie、引き続きの登板となったHouz'Monもリミキサーで参加し、シカゴよりシカゴ・ハウスらしいEPとしてシカゴからも絶賛された。

2002年に開始した自主企画『Tourism』は開催100回を越え、これまでゲストにHouz'Mon(Dance Mania)、DJ WADA(Co-fusion)、Chester Beatty(Disq)、Christian Fischer(Bryzant)、Robert Hood(M-Plant)、Samuel L Session(Cycle)などの愉快な面々を積極的に招聘、現在も継続して開催中!




THE BAND AGE(サカエコーヘイ+ツキノワリョウタ)

レ イギ アグエダシドアウフ名義でも活動しているツキノワリョウタとCOOOK等の名義や多くのアーティストのコラボレーションも行ってきたサカエ コーヘイが結成したユニット。

ツキノワリョウタは2013年からレイギ アグエダシド アウフ名義でライブ活動の他、2015年にファーストアルバム「ジャップ原宿」をリリース。

サカエ コーヘイはライブ活動の他Roland groove competition2003でグランプリ、同じく2006では準グランプリ受賞

2016年にはアルバムSynth & ScapeをKohei Sakae名義でリリース(現在は配信休止中)また、04DDのHAGIOとのユニットQuadraphoniaでNekon Records Compilation Album "HUB"に参加。

また2017年にはツキノワリョウタ & サカエコーヘイ名義でアイドンノウクリスマスデイ2017をリリース。




TECHNIC RUNNER

荒廃した近未来からやってきた謎の二人組によるサイバーラップユニット。
2013年よりTerminal Explosionから楽曲を配信リリースし2016年年にはアルバム"加速するフューチャー。"をCDでリリース。
その後も楽曲の配信リリースや2018年9月には、めがねの”宇宙EP”にトラックの提供。

現代の東京を中心にライブ活動も行っている。




HMBG

インコ(スーパークリーム、天誅のメンバーとしても活動中)、どぶ大根(天誅のメンバーとしても活動中)の飯テロエレクトロニックミュージックユニット。

2015年よりネット上での楽曲の発表と食べ物の画像をSNSにアップする飯テロ活動をスタート。
都内でのライブ活動も行っている。

2017年にはROMANTIC TECHNOLOGY RECORDSよりリミックス盤つき2枚組みフルアルバム"ITADAKIMASU"をリリース。
リリースパーティーではアルバム参加アーティストとのコラボライブも披露した。

2018年には新曲とDie Trax、Jaermulk Manhattan、邂逅の日のリミックスを収録したe.p."CURIO"をリリース。



ぬる

トラックメイカー

思春期アンニュイ香るトラック

ゲストボーカル2名のステキイオン波に乗せて放ちます。よろしくお願い致します。




デイジー

テクノポップにのって踊り歌うライブ”デイジーショー”で活動中。

ライブハウスでのライブの他、YATSUI FESTIVAL! 2016、YOIMACHI 2016、フェスボルタといったフェスにも出演し多くのアーティストと共演。

TV Bros.等。メディアにも紹介されている。

2017年にはアルバム"チューブ状の液体"をリリース




SATO-DAI
 
シンガーソングライター
トラックメーカー

都内を中心に弾き語りやバンドによる活動を行う。

2018年2月には歌とギターにエレクトロニックミュージックを組み合わせた作品を収録した"何気ない日々の中で"をROMANTIC TECHNOLOGY RECORDSよりリリース。2019年3月より各配信ストア、サブスクで配信中。



CrazyRomantic

埼玉在住のワダマサオのソロテクノユニット。

90年代テクノをはじめとして多くのジャンルの音楽の影響を受けエレクトロニックミュージックを制作。

2013年よりライブ活動を開始し東京、埼玉のライブハウス、クラブ等でライブ活動中。

2017年11月にはファーストアルバム"Time to Change"をリリース。
2018年11月にはミニアルバム"Emotions in Digital Network"をリリース。

また、ミュージックイベントROMANTIC TECHNOLOGY通称ロマテクとレーベルROMANTIC TECHNOLOGY RECORDS、RT TRAXを2013年より主宰。

Fantas-Tech RecordsのASTROIDとのユニットThe Roman-Tech Brothersや、kamaida、鈴木孫一(Big Fire)、,三味線熊(天誅)とのユニットRomaidaでも活動中。

CrazyRomantic Offical HP


-VJ-


PORTASOUNDS

様々なイベント、アーティストの映像演出、ミュージックビデオやデジタルコンテンツの制作などを手掛けている。
2003年からPIXDISC.comで映像素材集を販売、日本内外のクラブや大型イベント、ライブ、テレビ番組などで使用されている。

VJとしてはテクノ等のエレクトロニックミュージックイベントをはじめ多くのジャンルのライブやイベントに参加している。


-FOOD-


フミ

生地から手作りのキッシュとパウンドケーキを出します。
来て、見て、食べてって?!!


”ロマテク ツイッター”では
最新情報をお知らせしています。
ぜひフォローお願いいたします。

@Roma-Tech3